【不定期連載】 絡み合う3本の糸④(ニチイのレシート その3)

 このようにして完成した森田さんの供述は,まず,武さんにぶつけられます。武ノートによると,初めて武さんにぶつけられたのは,11月1日のようです。

今日は鈴木さんの調べだ。

東松山の取調べ室がいっぱいなので,本庄署で調べだった。

刑事の調べ。

☆  6月3日の当日のアリバイのこと

・ ニチイの買い物について

行ったことはまだ思い出さないけど,そのアリバイの話をしたのは覚えている。

・ レシートの話は,6月1日の別荘の前に,八木さんと2人で話した時に,私が,

「買い物に行ってもレシートがないとアリバイの意味がない」

「レシートには日付が入っているから。」

と言った。だから,別荘で八木さんは

「レシートをとっておけ」

と言ったのだと思う。(武ノート5冊目:11/1)

 

 このように武さんは,この11月1日の取調べの時点では,ニチイに行ったことを,まだ,思い出していません。別荘で八木さんが「レシートをとっておけ」と言ったことについても,そうだと「思う」というだけです。

 翌11月2日になっても,武さんは,なかなか思い出せません。11月2日の武ノートです。

思い出すこと

☆  別荘での話し→6月1日に,八木,考子,アンナ,私の4人で行った時の八木さんの話し(武ノート5冊目:11/2)

  

 武さんは,自らに,6月1日に別荘で八木さんが話したことを思い出すという宿題を課したようです。しかし,11月5日になっても,武さんは,なかなか詳細を思い出せません。十分に思い出せない状態のまま,とりあえず,警察官が調書を作ったようです。

[別荘謀議の何日か前,私の家で八木と2人だけのとき]八木さんから「昼間のアリバイで買い物か何か行ってこい」と言われたとき,私が「ただ買い物に行っただけだとアリバイにはなんないよ。レシートをもらわなきゃだよ。レシートには日付が入ってるから。その日に行ったということになるでしょ。」というように話した記憶があるのです。そして,その後の別荘で,4人で話したときも,八木がみんなに「昼間,買い物でもしてレシートをとっておけ」という話をしているのです。

私の家だったか別荘だったかはっきりしないが,レシートのことに関連して,八木から「アンナを連れて行けえな」と言われて,当日の昼間の時間帯に,アンナと一緒に行動をして,買い物でもしてレシートをアリバイのために残しておくように指示された覚えがあるのです。そんな覚えがあって,当日の昼間の時間帯からアンナと一緒に行動していて,どこかでその日のレシートを手に入れるために,何かしら買い物をしたような思いがあるのです。(武H12/11/5警察官調書)

  

 森田さんの供述をぶつけられた武さんは,この時点でもまだ,「というように話した記憶があるのです」,「指示された覚えがあるのです」,「何かしら買物をしたような思いがあるのです」などと,極めて遠慮がちに供述しています。法廷における武さんの堂々たる証言態度からすると,信じられないような供述態度です。このような遠慮がちな態度は,11月19日の時点でも変わりません。

佐藤さんを殺した当日の昼間の行動についても,事前の計画で,八木さんから「ニチイにアンナと一緒に買物に行け。レシートをもらってとっておけ。」等と言われた覚えがありますし,事件後,実際に当日のレシートを八木さんに見せている記憶もうっすらと残っていますから,当日,私とアンナでニチイに行って,何かの買物をしていると思うのですが,そのときの詳しい行動までは思い出しません。(武H12/11/19警察官調書)

 

 あまりよく思い出せなかったので,武さんは,捜査官から宿題を出されます。

宿題

☆別荘の相談の事(武ノート7冊目:11/19)

 

(つづく) 

Comments are closed