【不定期連載】 絡み合う3本の糸②

 さいたま地裁判決は,平成7年6月1日に東秩父の別荘において行われたとされる佐藤修一さん殺害に関する謀議についての3人の証言内容が一致していると指摘しています。つまり,武さん,森田さん,アナリエさんの3人とも,「武とアナリエがニチイに買い物に行き,アリバイのためにレシートをもらうことになっていた」と証言しているということです。

 この点について,3人の証言が完成するまでのそれぞれの供述の絡み合いをみてみましょう。

 まず,武さんです。武さんは,平成12年5月29日付けの検察官調書の中で,東秩父の別荘で「佐藤さんに関する真剣な話」が行われたとして,次のように供述しています。

私,八木さん,川村さん,○○さん,アナリエと一緒のサンパレスに行きました。サンパレスから帰ってきて,レオで働きました。レオは,午前4時ころまで営業し,その後私は,八木さんから誘われて東秩父の別荘に行きました。別荘に一緒に行った記憶があるのは,私と八木さんとアナリエと考子さん。別荘で私が覚えているのは,八木さんが私とアナリエと考子さんがいる前で,なにやら真剣な顔でアナリエに佐藤さんの話をしていたことでした。タバコを吸おうと立ち上がったら,八木さんに怒られました。私は,その後,八木さんの話を聞いたのですが,今ここでその話の内容を思い出せません。佐藤さんに関する真剣な話だったということは記憶にあります。

 

 この時点での武さんの供述は,別荘で「佐藤さんに関する真剣な話」が行われたというだけにすぎません。具体的に何が話し合われたのかについて,全く触れられていません。佐藤さん「殺害」に関する謀議が行われたとも述べていませんし,まして,アリバイ工作のためにニチイに買物に行き,レシートをもらう打ち合わせをしたなどとも述べていません。しかも,武さんは,この話を,ディナーショーの後の出来事,つまり,平成7年6月4日未明の出来事として語っているのです。

 その後,平成12年8月1日,森田さんがが,突然,上申書の中で次のような話をします。

八木が「昼間のうちに出かけてアリバイを作っておけ」とまみとアンナに話しました。

 

 これが,別荘謀議の中で,アリバイのためにニチイで買物をしてレシートをとっておくという話題が出たという供述の原型になっていると考えられます。これをきっかけに,まず,森田さんの供述が完成します。

 森田さんの供述が完成するまでの経過は,次のとおりです。

 森田さんに関しては,平成12年5月31日から7月31日までの間,供述調書も上申書も作成されていません。しかし,この間,全く取調べが行われていなかったわけではありません。森田さん自身が,この間もずっと警察官による取調べがあり,佐藤さんの事件のことを聞かれていたと証言しています。

 このような2ヶ月を経て,8月1日から8月30日までの間,集中的に上申書が作成されます。この間に作成された上申書は14通にのぼります。その後,9月8日から9月26日までの間,警察官による取調べが行われ,その間に7通の供述調書が作成されます。そして,10月3日から10月16日までの間,再び集中的に上申書が作成されます。この間に作成された上申書は5通です。最後に,10月20日以降,警察官,検察官による取調べが行われ,ようやく森田さんの供述が完成しました。

 森田さんは,平成12年5月31日から7月31日までの間の警察官による取調べの中で,6月1日の別荘謀議において八木さんが「昼間のうちに出かけてアリバイを作っておけ」と話したという供述をしたと考えられます。しかし,すんなりとこの供述が出てきたとは考えられません。もし,この点について森田さんがすんなりと供述したのであれば,すでに,7月31日より前の段階で,それに関する森田さんの供述調書が作成されているはずです。5月31日から7月31日までの2ヶ月間,連日,佐藤事件に関する取調べが行われたにもかかわらず,供述調書が作られていないという事実は,森田さんが捜査官の期待するような供述をしていないことをよく現しているのです。

 捜査官としては,八木さん,武さん,森田さん,アナリエさんの4人を佐藤殺害の共犯者と見ているわけですから,この4人の間で何らかの謀議があったはずだと考えるでしょう。そして,これも捜査官の見立てでは,完全犯罪のための謀議なのですから,謀議の中でアリバイ工作の話が出て当然だと考えるでしょう。おそらく,捜査官は,この2ヶ月の間に,このような先入観に基づいて森田さんを追及したはずです。

 森田さんは,「アリバイ工作」などと言われても,最初はわけがわからなかったのでしょうが,長期間の取調べが続く中で,「アリバイ工作をしているはず」という先入観を持った捜査官に迎合してしまい,結局,八木さんが「昼間のうちにでかけてアリバイを作っておけ」と話したなどと供述してしまったのです。

 これを元に,8月1日に森田さんの上申書が作成されたのです。

(つづく)
鍜治伸明

Comments are closed