一審判決(抄)

 

第十 結論

 

以上の事実を総合すると,被告人が武らとともに本件を敢行したものであることに疑いを容れる余地はないものといわなければならない。

 

itsuwarinokioku_line

Ⅳ 記者殴打事件

(略)

【量刑の理由】

(略)

平成14年11月22日

さいたま地方裁判所第二刑事部

裁判長裁判官   若 原 正 樹

裁判官   大 澤   廣

裁判官   田 中 邦 治

これは謄本である

前同日同庁

裁判所書記官  和 栗 秀 嗣

 

Comments are closed