第15章 「八木の指示」はあったか

 

  判決は、八木が、武に対し、森田昭や川村に毎日風邪薬を飲ませろという指示をしたと考えている。これについて判決がよりどころとしているのは、武の証言だけである。武が、八木からそのような指示をされたという内容の証言をしたので、裁判所は、これをそのまま信用し、判決を書いたのである。
  しかし、このような武の証言を簡単に信用してしまってよいのだろうか。
  そもそも、武の証言は、捜査官による脅迫、死刑にはしないという約束などによって得られたものであり、全体として証拠能力がないことはすでに述べたとおりである。そして、その供述の成り立ちから考えて、信憑性も疑わしいと考えるのが当然であろう。
  これに加えて、本章では、「八木の指示」があったという武の証言が信用に値するものなのかどうかについて具体的に検討する。もし、「八木の指示」についての武の証言が信用できないということになれば、他に「八木の指示」を裏付ける証拠はないから、「八木の指示」などなかったと言わざるをえない。武の証言によっても、八木が直接森田昭や川村に風邪薬を飲ませたことはないわけだから、「八木の指示」がなければ、風邪薬事件について八木は無罪である。

itsuwarinokioku_line

Comments are closed