佐藤さんも記事に書いているように,昨年12月に裁判所が臓器の再鑑定を行う旨の
決定を出し,今年になって鑑定人に対する尋問の具体的日時も決まりました。
また昨年12月に最高裁で,死刑確定者と再審請求弁護人が接見する際は,
原則として秘密接見(拘置所職員の立会がない)とするのが相当である旨の判決が
出たお陰で,現在八木さんと接見する際は立会がつかなくなっています。
このような流れは八木さんにとってまさしく「追い風」であり,必ずや再審開始決定が
出されるものと信じています。
本来いるべき自由な社会に1日でも早く八木さんに復帰してもらうべく,
今後も戦い続けます。

  弁 護 士   齋  藤    守

Comments are closed